医師紹介

院長 染谷 康宏

医学博士
東京医科歯科大学医学部医学科卒
精神保健指定医
精神神経学会認定専門医 同指導医
介護支援専門員(ケアマネージャー)

平成3年東京医科歯科大学医学部医学科卒、同年東京医科歯科大学精神神経科教室入局

同付属病院神経精神科にて勤務の後、静和会浅井病院勤務。社会復帰部長就任。精神科患者の社会復帰活動に従事。また科学技術庁放射線医学総合研究所にて精神疾患の生物学的病因研究にあたる。
東京都職員共済組合青山病院神経科勤務を経て、平成13年4月染谷メンタルクリニック開院。
平成5年より両氏の永眠により終了するまで、カレンホーナイの高弟、故近藤章久先生(近藤クリニック院長)の教育分析と故玉城康四郎先生(東京大学名誉教授)の御指導を受け今に至る。

私には二人の師がいます。
ひとりは近藤章久先生。そして、玉城康四郎先生。
近藤先生は、カレンホーナイの高弟であり精神科医。最も尊敬する人。
玉城先生は、東京大学名誉教授にして禅の師。
お二人が平成11年冬、相次いで鬼籍に入られました。
お二人の遺志を少しでも引き継ぎたいと思っています。
そして、それこそ私が都立病院を離れ、
自分のクリニックを持とうと思った
大きな理由です。
お二人に心からの感謝と尊敬を捧げます。

「こころ」という深淵な世界を扱う医療において臨床経験はとても大切だと実感しています。
当院の2名の医師は30年以上精神科医として研鑽してきました。
精神分析療法、認知行動療法、最新の薬物療法など、エビデンス(医学的根拠)を持つ、最先端の医療を当院では提供しています。
染谷は、医学部卒業後、心の病を科学で少しでも改善できないものかと科学技術庁の放射線医学総合研究所の門をたたきました。
脳科学、向精神病薬の脳に及ぼす影響、てんかんの発作焦点の画像解析などを研究しました。
医学博士まで取得しましたが、脳科学と呼ばれるものへの限界、ある種の絶望の果てに、
近藤章久先生の精神分析と出会い、
玉城康四郎先生の深い精神世界と巡り合いました。
松野は、大学での臨床研修の後、精神病院での臨床、特に精神科リハビリテーション、うつ病の社会復帰、認知症治療、多職種によるチーム医療に取り組み、成果を上げてきました。
共に信用し合う友人であり信頼できる医療人でもあります。個性も専門性も違う二人だからこそ提供できる精神医療があります。
「求めれば人は変わっていける、成長していける。善なる方向に進んでいける。」
そのお手伝いを私たちにさせていただきたいと思っています。

原著論文

MRIを用いた精神分裂病患者の脳の形態研究 体積計測による検討
染谷康宏、大久保善朗、阿部哲夫、浅井邦彦、融道男
(精神医学 1996.01(0488-1281)38巻1号 Page55-61)
精神分裂病患者25例と健康ボランティア20例に、三次元MRIを用いて脳内各部位の詳細な体積測定を行った。
Decreased prefrontal dopamine D1 receptors in schizophrenia revealed by PET.
Okubo Y, Suhara T, Suzuki K, Kobayashi K, Inoue O, Terasaki O, Someya Y, Sassa T, Sudo Y, Matsushima E, Iyo M, Tateno Y, Toru M.
(Nature 1997 Feb 13;385(6617):634-6.)
11C-SCH23390をトレ-サ-として用いてPET検査を行い精神分裂病患者のド-パミンD1受容体についての 健常対照群と比較検討を行った。
Serotonin 5-HT2 receptors in schizophrenic patients studied by positron emission tomography.
Okubo Y, Suhara T, Suzuki K, Kobayashi K, Inoue O, Terasaki O, Someya Y, Sassa T, Sudo Y, Matsushima E, Iyo M, Tateno Y, Toru M.
(Life Science 2000;66(25):2455-64.)
11C-N-methylspiperoneをトレーサーとして用いてPET検査を行い精神分裂病患者の5HT2受容体の変化を検索した。
Seizure frequency and bilateral temporal abnormalities: a proton magnetic resonance spectroscopy of temporal lobe epilepsy.
Someya Y, Obata T, Suhara T, Ota Y, Ikehira H, Tanada S, Hirakawa K, Okubo Y, Sasaki Y.
(Seizure 2000Jun;9(4):274-9.)
プロトンMRSを用いて、側頭葉てんかん患者と健常対照群の側頭葉内側部を調べ、比較検討し報告した。
プライマリ・ケアのための心の病診療プラクティス
精神科診療における画像診断
染谷康宏、秀野武彦、須原哲也 共著
(永井書店 1997)
精神科診療に必要とされる画像診断法を、各精神疾患ごとにわかりやすく解説、説明した。
【脳機能のイメージング 基礎から臨床まで】 神経活動と代謝のイメージング
MRSによるてんかんの研究(解説/特集)
小畠隆行、染谷康宏、須原哲也 共著
(脳の科学(1343-4144)20巻増刊 Page155-159 1998.05
てんかん患者におけるMRSの最新の知見を臨床応用にも触れながら解説、説明した。

医師 松野 泰彦

山口大学医学部医学科卒
精神保健指定医
精神神経学会認定専門医 同指導医

平成3年山口大学医学部医学科卒業 同年東京医科歯科大学精神神経科教室入局

大学卒業後社会人を経て精神科医となり、いつの間にかかなりの年月が経ちました。染谷メンタルクリニックでは2011年以来土曜日の外来診療を担当させていただいていました。これまで、平日は都内の精神科病院で勤務し、豊富な人材に恵まれチーム医療に励んできました。その一方で、日頃から少人数のスタッフで地域の医療に貢献する院長の姿も目にしてきました。
この度お誘いをいただき、週4日外来診療を担当するようになりました。今後は北区を中心とした地域の皆様のお役に立ちたいと考えております。皆様、何卒宜しくお願いします。

病院勤めをやめて平日もクリニックに来るようになって、殆ど30年ぶりに混雑する電車に乗るようになりました。はじめに思ったのは、通勤する人々の表情の違いです。

30年前の都市圏では通勤している人々は随分不機嫌そうな表情で電車に揺られているなという印象をもったものでした。それは、地方の電車の中とは明らかに違っていました。その事は、当時コラムに書かせていただきました。

しかし、今電車に揺られている人々は、30年前ほど不機嫌な表情をしてはいません。それは、新型コロナウィルスの蔓延で、リモートワークが増えたことが関係しているのは確かでしょうが、それだけではない気もします。社会全体が複雑化しストレスも多様化しているのも確かなはずですから。

このような、現代の消化できない複雑なストレスを解消するには、普段の環境から物理的に離れた場所で過ごすことが大切です。旅行に行くにも気をつかう時期ですが、普段の生活の場周辺では色々な工夫をしても日常のストレスを忘れるのはかなり困難です。

贅沢な旅は必要ありません。日常を忘れるには、敢えて物理的に距離のあるところに行ってみて下さい。できれば、普段の生活の場より人口密度が低い処に。ただし、仕事のメールは開かないようにしましょう。

私は、これをショート転地療養と呼んでいます。よかったら、お試し下さい。